ヤフー!を徹底活用(基本編)

9.Webメールを利用する

ヤフー!にはYahoo!メールと呼ばれるWebメールのサービスがあります。

Webメールとは、Outlook Expressなどのメールソフトを使わずに、
Web上でメールの送受信が出来るサービスです。

このサービスも無料で使えますので非常に便利です。

例えば帰省したときなどパソコンを持ったまま実家に帰る事は困難です。
その場合メールのやり取りが出来なくなってしまうのですが、
このWebメールを使うとパソコンさえあればメールの送受信が出来るのです。

ですから、会社やネットカフェなどでメールのやり取りをする事も出来ます

Webメールのもう一つのメリットは、無料でいくつでもメールアドレスを取得できる点です。
たとえば普段使っているプロバイダのメールアドレスなどは一度登録してしまうと、
プロバイダを解約しない限りは変更ができないはずです。

その点Webメールアドレスは、いくつも取得する事が出来ますので、
迷惑メールがうっとおしくなってきた場合などはいらないメールアドレスを捨てて
新しいメールアドレスを使う事も出来るのです。

そのため、親しい友人など信用の出来る人間のみに、プロバイダーのメールアドレスを教えて、
それ以外はWebメールアドレスでやり取りするというような使い方も出来ます。

さらにYahoo!メールでは無料で利用できるにも関わらずウイルスチェック機能も付けられているのです。
したがって安心して利用する事が出来るでしょう。

ただし、デメリットもあります。

それはYahoo!メールでのメールを送信した際には本文の下部にYahooの広告が挿入される事になるのです。
だいたい3行ほどの広告が入るようです。

ですから、ビジネスメールなどには向かないでしょう。

この便利なYahoo!メールですが、利用する為にはまず Yahoo! JAPAN IDを取得する必要があります。
これは必要事項に記入して申し込みをすれば無料で取得できます。

登録方法は簡単です。 ヤフー!トップページの右側の個人ツールと書かれた青い枠の中に「メール」というリンクがあります。
これをクリックするとYahoo!メールのページに移動します。

IDを持っている場合はIDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックすれば利用できるのですが、
IDを持っていない場合はまずは登録する必要があります。

左上の「Yahoo! JAPAN IDを今すぐ登録!」をクリックすると登録ページに移動します。
そして必要事項を入力していく事になるのですが、それぞれ注意点があります。

まず最初に「Yahoo! JAPAN ID」を入力する場所があります。
これは、半角のアルファベットで始まる4〜31字(数字やアンダーバー( _ )を組み合わせる事も可)
を用いて好きな名前を入力すればいいのですが、
自分のメールアドレスの一部になりますので、ここはこだわりたい所です。

しかし、IDの取得は先着順ですので、すでに誰かが使っているIDは取得する事が出来ません。
なかなか自分の好きなIDが取れないかも知れませんが根気良くチャレンジしてください。
比較的長めのIDにすると重複しにくくなります。

あとは特に注意する点はないと思いますが、
あえて言うならば「秘密の質問」というのは万が一パスワードを忘れた時に本人確認する為に
必要な物ですので必ず忘れないような質問と回答を用意する必要があります。

必要事項をすべて記入し「利用規約に同意して送信する」ボタンをクリックすれば登録されます。
ただし、すでに使われているIDの場合は登録されませんので別のIDに変更して変更して下さい。
なお、「利用規約に同意して送信する」ボタンを押す前には必ず利用規約を読んで内容を確認しておいて下さい。

Yahoo! JAPAN IDの登録が完了すればYahoo!メールが使えるようになります。
普段Outlook Expressなどのメールソフトしか使った事がない人は最初は戸惑うかも知れませんが、
それぼど難しい操作はありませんので馴れてくれば手軽に使う事が出来ると思います。

操作を覚える為には、一度自分のプロバイダーのメールアドレスに何かメールを送ってみましょう。
簡単な文でいいと思います。

Yahoo!メールの送信が終わったら、メールソフトを起動させてみましょう。
Yahoo!メールからのメールが届いていれば成功です。

今度は逆にメールソフトからさっきのメールに返信してみると、Yahoo!メールでメールを受信する事が出来ます。
メール受信の際はブラウザの更新をすればいいだけです。

メールが届いていたら、受信BOXにメールが現れるでしょう。
このようにメールの送受信のやり方を覚えてゆけば、後は色々な事に活用できるはずです。

健闘を祈ります。








1.ヤフーとは?

2.情報を検索しよう

3.地図を調べる

4.渋滞情報を調べる

5.天気予報を調べる

6.ニュースを調べる

7.テレビ欄をみる

8.電車の乗り継ぎを調べる

9.Webメールを利用する

10.掲示板を利用する

11.オークションを利用する

12.yahoo!BBを徹底活用